1級土木、1級建築施工など1級・2級施工管理技士試験を挑戦される方へ。独学サポートは管工事、造園、電気工事ほか舗装・建設機械などの実地必須問題である工事経験記述論文の作文作成指導サービスを行っております。

独学サポート事務局
HOME

2級造園施工管理技術検定試験 試験要項


 < 年間スケジュール >


1
2級造園施工管理

学科のみ前期

申込受付期間
3月7日〜22日頃
(財)全国建設研修センター 
2
2級造園施工管理

学科のみ前期

実施日
6月第1日曜日
10時〜12時00分
3

2級造園施工管理

学科のみ前期

合格発表日

7月9日頃
9時〜試験機関ホームページにて
4
2級造園施工管理

・学科のみ後期
・学科実地試験

・実地のみ試験

申込受付期間
7月中旬〜下旬
(財)全国建設研修センター
5
2級造園施工管理

・学科のみ後期
・学科実地試験
・実地のみ試験

実施日
11月第3日曜日
9時30分〜16時30日
6
2級造園施工管理

・学科のみ後期
・学科実地試験

・実地のみ試験

合格発表日
翌1月中旬/3月上旬
9時〜試験機関ホームページにて
 



   2級造園施工管理技術検定 実地試験 試験概要

経験記述を含め、すべて記述式解答で、文章記述・穴埋め・穴埋め選択・計算問題など文字や数字で簡潔に解答しなければならない。

<出題内容と配点>

問題 出題内容 備考 配点
問題1 経験記述問題 管理課題{工程・品質管理}うち1題を選択解答 必須解答 40%
問題2 記述式問題 造園材料 30%
問題3 施工管理 30%

 2級造園施工管理技士 経験記述問題形式
設問.あなたが経験した造園工事の実例を一つ選び、以下の問いに答えなさい。

(1)工事名:

(2)工事金額:(1万円未満は切り捨て)

(3)工期:(平成0年0月から0年0月まで 約000日間)

(4)施工場所:(0県0市0町地内)

(5)工事概要:(@工事内容 A工事数量 B現場状況・周辺状況などを具体的に)

(6)あなたの立場:

(7)1)管理項目のうち「工程管理」(あるいは品質管理)のどちらか1つを選んで管理項目上の問題点を記述しなさい。[下線3行 約60字以内]

(8)(7)についてあなたのとった処置又は対策を記述しなさい。[下線5行 約120字以内]




   2級造園施工管理技術検定試験 実地試験 コース概要
 
  ■2級造園施工管理技士 (実地のみ) 独学サポート■

サービス内容

(1) 厳選教材のご案内(実地対策教材)
(2) 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
(3) サポートサービス(質問メールサービス・新規試験情報配信)
(4) 添削サービス(実地試験必須の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック)
(5) 『実践!セコカン 確実に合格を勝ち取るための11のポイント』(学科編・実地編)
(6) 過去問題ファイル(直近5年間にわたる過去出題問題と解答[実地])

(7) モギ試験:本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

受講料 ¥6,800(税込み)[※教材費別¥3,600(本体¥2,950+送料¥650)]
日程・〆切 平成30年12月1日から平成31年11月10日迄
メモ 2級造園施工管理技士・実地試験を独学で突破するために必要不可欠な教材の案内及びサービスの全てを用意。特に実地試験に必須の工事経験記述指導対策がついており、必要に応じて簡単に質問が出来る丁寧で安心のサポート。



   オプション講座
 
  ■2級造園施工管理技士 実地試験 作文作成代行サービス■

サービス内容 (1) 受講者に合わせたオリジナル記述文を作成代行するサービス
(2) 下記基本3管理課題うち2課題を納品 [工程管理・安全管理・品質管理]
受講料 上記各コース プラス¥6,800(税込み)
日程・〆切 平成31年11月10日迄(受講者定員300名)
メモ 受講者本人に合わせたオリジナル記述文を作成提供。工事経験の少ない方や文章が苦手な方には最適。


2級造園施工管理技士・講座価格一覧

2級造園施工管理技士実地講座
 
2級(実地)独学サポート 
基本サポート
¥6,800

2級(実地)独学サポート+作文作成代行[+6,800]
オプション付
¥13,600

2級(実地)独学サポート+厳選教材[+3,600]
厳選教材セット
¥10,400

2級(実地)独学サポート+作文作成代行+厳選教材
フルサポート
¥17,200

(注) 作文作成代行[+6,800]や厳選教材のオプションは受講途中からでも追加注文をすることができます。


クレジットカード決済と銀行振込、代引き決済に対応しています




| 申込書へ | 受講の要領を参照 | HOME |